ヒメムネボソアリの飼育方法|どんぐりに住む小型種|茶色い小さなアリ|Temnothorax arimensis

種類ごとの飼育方法
アリ飼育者
アリ飼育者

・ヒメムネボソアリってどんなアリなんだろう?

・小さな茶色いアリを見つけたけどどんなアリ?

こんな疑問や困りごとを本記事では解決します。


この記事を書いた人

アリ飼育用品店「あり巣 in underground」の製作担当です。

数十種類超のアリ飼育経験をもとにおすすめの飼育方法などを書いていきます!


小さな体でどんぐりなどに住む小型の種類「ヒメムネボソアリ」。

今日は、そんなヒメムネボソアリについてご紹介しますね!


この記事でわかること

  • ヒメムネボソアリってどんなアリ?
  • ヒメムネボソアリの飼育方法
  • ヒメムネボソアリの販売先

ヒメムネボソアリってどんなアリ?

ヒメムネボソアリ
ヒメムネボソアリ

【どんぐりに住む小型種】
✔市場にあまり出ない珍種
✔女王の体色は褐色
✔ワーカーの体色は女王より明るい褐色
✔試験管一本でも十分飼育できる
✔女王サイズ,約3mm
✔ワーカーサイズ,約2mm

(↑詳細ページクリックで国内種カテゴリページが開きます。在庫切れの場合、商品ページが非公開の場合があります。)

ヒメムネボソアリは、小型のムネボソアリ属のアリです。


女王の体色は、全体的に褐色。


ワーカーの体色は、頭が褐色で体は黄色っぽい色合いです。


ありぐら
ありぐら

動きがゆっくり、幼虫ぷっくり!

そんな印象の小さなアリですね。


生息環境と分布

北海道、本州、そして四国に分布します。


ありぐら
ありぐら

林床の半埋没したようなどんぐりや枝などの中で見ることができます。

生息密度はあんまり高くないみたいだね!


体長

体長備考
女王約3mm
ワーカー約2mm

女王の体長は、約3mm。

ワーカーは、約2mmと小さなアリです。


ありぐら
ありぐら

女王の方が色が濃くて単色なので地味ですが、ワーカーと形もサイズも違うのでわかりやすいですね!


単雌 or 多雌 ?

ヒメムネボソアリは単雌性です。

一頭の女王を中心にコロニーが形成されます。

ヒメムネボソアリの飼育方法

ここからはヒメムネボソアリの飼育方法について解説していきます。

一緒に勉強していきましょう!


エサについて

ヒメムネボソアリは「雑食」です。

蜜餌と肉餌を共にあたえましょう!

ありぐら
ありぐら

観察していると、なんとなく肉エサの方が好む感じだね!


ヒメムネボソアリは、小型種なので蜜エサの表面張力に負けて溺死することがあります。

蜜エサを与えるときは、スポンジやティッシュ、綿などに染み込ませて与えると溺死の心配が減るでしょう。


蜜餌と肉餌のおすすめ品は下記の記事に詳しくありますのでご覧ください。


おすすめの巣のタイプ

ヒメムネボソアリにおすすめの巣のタイプは「石膏」「試験管」「アクリル」です。

巣は林床に埋まったような落枝やどんぐりの中などで見ることができる種類です。

巣内は湿っているので、飼育時も加湿できる巣がいいでしょう。


ですが、わたしが飼育経験のないアリの飼育環境を探る時にする判別方法の一つ。

「試験管判別式」による乾湿の好みの判定は、「やや加湿を好む」です。

上から二本がヒメムネボソアリのコロニー

写真は、上からヒメムネボソアリ、キロヒメアリ、アメイロアリが各2コロニーです。

林床で見つかる小型種の中でも乾湿の好みは異なることがわかります。


「試験管判別式って何?」って方は、下記の記事をご覧ください。


ここから複合的に考えると、ヒメムネボソアリは「加湿は必要だが、多湿すぎる好まない」または「乾湿は広い範囲で適応できる」のではないかと思います。


ありぐら
ありぐら

野生では湿った林床で見られるけど、観察しているとアメイロアリなんかと比べると湿度を欲してなさそう!

一時的に乾燥しても耐性があるのかも。

小型&コロニー規模が大きくならないから、試験管一本でも十分に飼育できる種類ですね!


以上から、ここでは加湿はするけど多湿になりすぎない、「アクリル巣」「試験管巣」をベストとし、次点で「石膏巣」をおすすめさせて頂きます。

ありす
ありす

わたしのお店でも色んな種類のアリの巣を売ってるし、作り方も公開してるよっ!!!


平型石膏の作り方は下記の記事に詳細があります。


加湿飼育については下記の記事に詳細がありますのでご覧ください。



飼育の適正温度

国内普通種ですので、基本は常温で問題ありません。

ただし、夏場は30℃を超えないように注意が必要です。

また、冬場は常時5℃下回るような環境でなければ加温は不要です。



冬眠はする?越冬の方法は?

ヒメムネボソアリは、冬眠をする種類です。

目安の期間は、11月~3月初旬の中で3か月ほどです。

冬眠期間に入るのはコロニーごとに差があり、早ければ9月ごろからエサの消費量が落ちることがあります。

冬眠時は、5℃~15℃ぐらいの温度がベストですので国内の一般種と同じように冬越しさせましょう。


冬場の飼育については、別記事に詳細がありますのでご覧ください。


ヒメムネボソアリの入手方法

コロニーごと採集をする

生息地を知っているならコロニー採集を試みてもいいでしょう。

林床の半埋没したような「落枝」や「どんぐり」などの中を探すと見つけることができます。


コロニー採集には電動吸虫管アタッチメントの「あり巣ガン」がおすすめです!

使用のデモや使い方を詳しく説明しています。


ただし、採集時にはルール、注意点は守りましょう。

採集時の注意

  • 許可なく私有地で採集してはいけない
  • 公共の公園などでも採集禁止場所は多いので、必ず調べる
  • 朽木や竹を割ったら人の往来のある場所に放置しない
  • 安全に注意して怪我のないよう行う


わたしの住む愛知県西部の緑地公園は、採集禁止の場所がとても多い地域です。

自由に出入りできる公共の場、公園であっても、それぞれの場所のルールがあるので調べてみましょう。


わたしは私有地の山に行くときは、土地の所有者の許諾を得てアリ採集していますよ!


ヒメムネボソアリの販売先

国内種は、下記にて販売しています。

新女王とコロニーの違いなど、販売額も変動することが多いので、一度チェックしてみましょう!

ヒメムネボソアリ
ヒメムネボソアリ

【どんぐりに住む小型種】
✔市場にあまり出ない珍種
✔女王の体色は褐色
✔ワーカーの体色は女王より明るい褐色
✔試験管一本でも十分飼育できる
✔女王サイズ,約3mm
✔ワーカーサイズ,約2mm

(↑詳細ページクリックで国内種カテゴリページが開きます。在庫切れの場合、商品ページが非公開の場合があります。)

まとめ

今回は、国内種のヒメムネボソアリについてご紹介いたしました。

飼育種としてはマイナーな種類で入手機会は限られるかもしれません。


ですが、黒色の一般的ムネボソアリよりも色が明るく、ちょっと特別感のあるムネボソアリだと思います。

機会があれば飼育に挑戦してみてはいかがでしょうか?


この記事がヒメムネボソアリの飼育に役立てばうれしく思います。


それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

感想やアドバイス、間違いのご指摘などありましたらコメントやTwitter、お問い合わせフォームからお知らせ頂ければ嬉しいです!


参考書籍:日本産アリ類図鑑



その他のアリの飼育情報を記事にまとめています。ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました